「広島FRP加工」タグアーカイブ

110系 マークⅡ ダックテールトランク完成

先日できた製品が塗装から帰ってきました。

2022年もそろそろ折り返しですが やっと今年最初の製品が完成です。
お待たせしました!(待っていた人いるのか?)

110系マークⅡ用のダックテールトランク、ルーフスポイラーとテールカバータイプ2販売開始です!

テールカバーがなぜタイプ2か はのちほど。

テールエンドを軽く跳ね上げストックフォルムを崩すことなくリアビューに大きな変化を与えます!

テールカバーなしだとよくわかるのですが、トランク外周、ランプとの境目からのラインはとても自然で美しい曲線を描いています!

裏面はこだわりの部材を。
キーシリンダーとストライカーをつなぐリンケージホルダーを製作。

FRP化するにともない純正との厚みの変化から このリンケージがうまく作動しない可能性が出てきましたので、
純正と同じ厚み(0.8mm)のステンレス板を 裏骨部分に組み込みました。

そしてFRP化による問題も出てきます。
純正品とは重量が異なるため、ヒンジ部のトーションバー
(バー状のスプリング)が使用できません。
取り外す必要があります。

これにより開閉はできても開港時にオープン状態を保持できなくなってしまいます。
日常の利用には不便さが出てしまいますが、そのあたりはどうぞご理解くださいませ。

さらに年式・グレードによる追加工が必要です。

前期と後期ではリアガーニッシュ(ナンバー上モール)の形状が異なります。

そのため後期は画像のマーキング部分に穴あけを。
前期はパテ処理により穴位置埋めを行う必要がありますのでご注意ください。

またグレードやオプションでバックカメラが装備されている場合は穴あけが必要です。

これらの作業は現車合わせでお願いします。
申し訳ありませんが 当方での作業後発送というのは行いません。
ご理解・ご了承くださいませ。

製品の特性上 当方取扱商品は、技術・知識そして
「FRP製社外品」に対してご理解のある業者さまでの施工をお願いします。
決してDIY向きではありませんので、そちらもあわせてご理解とご了承をお願いします。

ルーフスポイラーは仮想純正ルーフバイザー的なデザインにしてみました。

とはいえ純正ではしないであろう、やや大きめに そして上向き角度もややきつめに。
しかし車のサイズ感も相まって その大きさや角度に違和感はありません。

テールカバーにつきましては なぜタイプ2かともうしますと、
実はタイプ1があります。

以前勤めていた会社で2007年に 私が開発し販売していたものですが、退社後は引き継いでHighWorks製として取扱をしております。

ルーフスポイラー、リアウィングも販売しておりましたが、
こちらは現在生産・販売を終了しております。

あらためてタイプ1の装着もしてみました。

こちらが新製品のタイプ2です。

真後ろから見るとダックテールのスタート位置とあわせており、
さらに ランプを怒らせているのが分かります。

今回の製品開発には以前にもご協力いただいた方からのご厚意により行うことができました。

ご愛用いただいている皆様、ご協力いただいている皆様いつもありがとうございます。

みなさまがHighWorks製品を装着いただくことで 次なる製品の開発へとつながって行き、
世に無い「あったらいいな」の製品を生み出すことができております。

今後もご期待ください!(そんな人いるのか?)


LA700 ウェイク バッドフェイス完成

新製品の LA700系 ダイハツウェイク用のバッドフェイスフード、リアウィング、
ルーフディフレクターとサイドウィンドウパネルが塗装から帰ってきました。
販売開始します!

バッドフェイスは目頭を少しだけ隠し釣り目に。
グリル部の造形は フレームを台形にすることでより怒り度がアップしております!

この製品は後期「鉄製」用ボンネットをベースに開発しております。
(厳密にはハイゼットキャディー)
前期モデル(樹脂製ボンネット)への装着にはご注意点があります。

外観にさほど変更はないのですが 素材の変更から 主に裏側の形状が異なります。

まずヒンジです。後期はヒンジ取り付け部の高さが異なりますので、
前期の場合は 後期用をご用意いただくか、スペーサーを挟み込み 高さの調整を行う必要があります。

ボルト取り付け位置の高さの違いであり 前後左右の位置が異なるわけではありませんので、スペーサーでもクリアできます。

裏側のインシュレーター、エアガイドも後期用に取り換える必要があります。
とくにターボ車用エアガイドは インタークーラーへ風を送るためのダクト形状になっていますので重要です。

それらを固定するクリップも前期用とは形状が異なります。

当製品に 後期インシュレーター、エアガイド、クリップです。

こちらが前期純正ボンネットです。
ダクト形状は同じように見えますが、固定する足の位置が異なります。

ちなみに 開発車両(今回紹介のお車)は前期モデルです。
後期用のパーツに変更し装着しております。

ロック金具は専用のものが付属します。
定期的にボルトの締まりを確認してください。

ウェイクは他 LA※00系 の車両と同じ骨格を利用のためか 調整幅が広く、
個体差により 車両側ストライカー位置の調整が必要になります。
この場合は バンパーの取り外しが必要です。

ヒンジを取り換える場合も できれば バンパー取り外し、フェンダー、ヘッドライトも取り外してからの作業が必要です。

いずれにしましても 専門的な技術・知識、そしてFRP製社外品取り扱いについてご理解がある業者さまでの施工をお願いします。

リア回りは、ウィンドウ下のリアウィング、ウィンドウ上のルーフディフレクター、
ラゲージ側の窓ガラスに装着するサイドウィンドウパネルです。

リアウィング装着には リアワイパー、ワイパーモーターを取り外します。穴はテープなどでふさぐ必要があります。

リアワイパーが無くなるとウォッシャーノズルが不要です。
それをお手軽に隠すことができるルーフディフレクターの同時装着がおすすめです。

また こちらは ウォッシャーノズルを取り外すことなく装着できます。

上はボディ同色です。
下は黒塗装したものです。

そして サイドウィンドウパネルです。

ボディに入ったキャラクターラインをウィンドウにもつなげてみました。
この車は1カラーですが、2トーン車にはとくにおすすめです!

今回の製品は前作のビートルオーナ様がご友人紹介をくださり開発に至りました。

製品開発にもみなさまのご協力でなんとか行えております。
いつもありがとうございます!

これからもあったらいいな の製品を開発したいと思います。
ご期待ください!

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

今回の製品を含む、HighWorksオリジナルパーツをヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


ウェイク メス型完成

先日紹介したメス型に続き、LA700系 ダイハツウェイク用パーツたちのメス型ができました!

リアウィングとバッドフェイスフードです。

リアウィングは少し先にできたので、初号品もできております。

先日のサイドウィンドウパネルとルーフディフレクターも初号品完成!

これより仮組~製品チェックを行います。

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

HighWorksオリジナルパーツをヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。