「ハイワークス」タグアーカイブ

MAZDA6/アテンザ後期 リアウィング完成

先日できた製品が塗装完了です。
GJ系 MAZDA6/アテンザ後期 セダン用リアウィング販売開始です!

デザインなどは アテンザ 前期/中期用と同様です。

後期/MAZDA6では、テールランプ、リアガーニッシュ(モール)のデザイン変更に伴い、トランク形状が異なることが判明。

新たに開発を行いました。

こちらが製品です。

トランク側のエンブレムは取り外す必要があります。
エンブレム位置決め部のグロメットを取り外す必要はありません。

製品側に「逃がし」を設けております。

ルーフスポイラーもご用意しており、こちらは全年式共通です。

今回もオーナー様のご協力で、「あればいいな」の商品を開発することができました。
ありがとうございます。

このように ご協力を申し出ていただける方のご協力で
世に無いであろうパーツたちを開発しております。

また こちらもよくいただくお問い合わせなのですが、
「○○の●●の販売(開発)予定はないか」
につきましては、
「基本的にはありません」と回答させてください。

「○○貸せるから●●販売してくれ」
の場合は行うことができるかもしれません。

さて そうこうしておりましたら、
「○○貸せるから●●販売してくれ」と
次の開発車両をお貸しいただける方が現れました!!
ありがとうございます!!

LA150系 ムーヴカスタム用のバッドフェイスを開発します。
こちらもご期待ください。

FBもやっています。

しかし旧FBページ(facebook.com/highworks0727)
はなぜか管理権限を削除されるという事態が起きてしましました。
管理者は一人なのですがなぜそのようなことが起こるのか不思議です。

ということで 新たにFBページを作りましたので
ぜひそちらに「いいね!」をいただければたいへん嬉しいです!!

facebook.com/highworks.customgarage

今回の商品を含む HighWorksオリジナル商品をヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


MAZDA6 メス型完成

先日紹介したリアウィング のメス型ができました!

製品の形状的に3ピース型になりました。

最初の1ピース。
ゲルコート塗布からFRP積層。

ゲルコートも型向き といわれる素材を使用しています。
その後も 製品用とは少し違う 型向きといわれている樹脂を使用しておりますが、
それにこだわる必要もないとおっしゃる方もいらっしゃいまして
当方でもいまだ正解といいますか、正攻法のようなものは模索中です。

1ピース目の型のFRP積層を終えると、
次のピースのゲルコート塗布~FRP積層です。
これを終えると最後の1ピースの制作です。

さきほども申したように3ピース型になりますので。
完成にはそれなりに時間がかかります。

今回は日数でいうと12日かかりました。

FRP製エアロパーツはハンドメイドです。
それを生産するための「型」もハンドメイドです。

もちろん金型を製作する企業様もいらっしゃるでしょうが、
ハンドメイドでFRPというところが多いのではないでしょうか。

これを外注でお願い(または当方で外注でお受けする)となると金額もそれなりです。
よく○○の●●は作れるか、といったお問い合わせをいただくのですが、
それだけの時間を手作業で行いますので決してお安くはできません。

HighWorks製品は、企画・製造・販売を「外注ゼロ開発」ですので
(大型製品などに使用される金具は外注製作です)
お求めやすい価格設定が可能です!

さて この型からできた最初の製品です。

仮組画像撮り忘れですが、すでに塗装屋さんへ行っております。
塗装完了後に販売開始します。

FBもやっています。

しかし旧FBページ(facebook.com/highworks0727)
はなぜか管理権限を削除されるという事態が起きてしましました。
管理者は一人なのですがなぜそのようなことが起こるのか不思議です。

ということで 新たにFBページを作りましたので
ぜひそちらに「いいね!」をいただければたいへん嬉しいです!!

facebook.com/highworks.customgarage

HighWorksオリジナル商品をヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


MAZDA6 リアウィング開発中

ただいまGJ系 アテンザ後期、MAZDA6セダン用のリアウィングを開発しております。

アテンザ前期、中期とはトランク形状が微妙に異なります。

リアウィングの外観・デザインは以前から販売している前期・中期用とほぼ同形状です。

こちらが前期です。
テールランプおよびガーニッシュのデザインや形状が異なるのが分かります。

そして ナンバーポケットの形状が異なります。
これでトランクが共通形状ではないということが判明しました。

そのため専用品を制作しました。

マスターモデルは8割ほどできました。
これからさらにチェックし それが済めばメス型制作に入ります。

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

HighWorksオリジナル商品をヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


20系 アルファード/ヴェルファイア リアウィング生産終了

2016年5月から販売しておりました、
20系アルファード/ヴェルファイア用のリアウィングを生産・販売終了とさせていただきます。

程よい大きさで決め方問わずご好評いただいており、
おかげさまでよく出てくれました。
生産用のメス型の傷みから生産終了と決めました。

ご愛用の皆様ありがとうございます。

バッドフェイスは生産可能です。


じつは こちらは前期モデルで開発しております。
後期モデル(ヘッドライト、グリルのデザインが異なります)への装着未確認のため
モニターになっていただける方を何となく募集しております。

ご協力いただける方には製品を差し上げますが、
お車を持ち込んでいただける方に限らせていただきます。

この機会にどなたかご検討くださいませ!

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

今回の製品は取り扱いを終了しましたが、
そのほかHighWorksオリジナル商品をヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


110系 マークⅡ ダックテールトランク完成

先日できた製品が塗装から帰ってきました。

2022年もそろそろ折り返しですが やっと今年最初の製品が完成です。
お待たせしました!(待っていた人いるのか?)

110系マークⅡ用のダックテールトランク、ルーフスポイラーとテールカバータイプ2販売開始です!

テールカバーがなぜタイプ2か はのちほど。

テールエンドを軽く跳ね上げストックフォルムを崩すことなくリアビューに大きな変化を与えます!

テールカバーなしだとよくわかるのですが、トランク外周、ランプとの境目からのラインはとても自然で美しい曲線を描いています!

裏面はこだわりの部材を。
キーシリンダーとストライカーをつなぐリンケージホルダーを製作。

FRP化するにともない純正との厚みの変化から このリンケージがうまく作動しない可能性が出てきましたので、
純正と同じ厚み(0.8mm)のステンレス板を 裏骨部分に組み込みました。

そしてFRP化による問題も出てきます。
純正品とは重量が異なるため、ヒンジ部のトーションバー
(バー状のスプリング)が使用できません。
取り外す必要があります。

これにより開閉はできても開港時にオープン状態を保持できなくなってしまいます。
日常の利用には不便さが出てしまいますが、そのあたりはどうぞご理解くださいませ。

さらに年式・グレードによる追加工が必要です。

前期と後期ではリアガーニッシュ(ナンバー上モール)の形状が異なります。

そのため後期は画像のマーキング部分に穴あけを。
前期はパテ処理により穴位置埋めを行う必要がありますのでご注意ください。

またグレードやオプションでバックカメラが装備されている場合は穴あけが必要です。

これらの作業は現車合わせでお願いします。
申し訳ありませんが 当方での作業後発送というのは行いません。
ご理解・ご了承くださいませ。

製品の特性上 当方取扱商品は、技術・知識そして
「FRP製社外品」に対してご理解のある業者さまでの施工をお願いします。
決してDIY向きではありませんので、そちらもあわせてご理解とご了承をお願いします。

ルーフスポイラーは仮想純正ルーフバイザー的なデザインにしてみました。

とはいえ純正ではしないであろう、やや大きめに そして上向き角度もややきつめに。
しかし車のサイズ感も相まって その大きさや角度に違和感はありません。

テールカバーにつきましては なぜタイプ2かともうしますと、
実はタイプ1があります。

以前勤めていた会社で2007年に 私が開発し販売していたものですが、退社後は引き継いでHighWorks製として取扱をしております。

ルーフスポイラー、リアウィングも販売しておりましたが、
こちらは現在生産・販売を終了しております。

あらためてタイプ1の装着もしてみました。

こちらが新製品のタイプ2です。

真後ろから見るとダックテールのスタート位置とあわせており、
さらに ランプを怒らせているのが分かります。

今回の製品開発には以前にもご協力いただいた方からのご厚意により行うことができました。

ご愛用いただいている皆様、ご協力いただいている皆様いつもありがとうございます。

みなさまがHighWorks製品を装着いただくことで 次なる製品の開発へとつながって行き、
世に無い「あったらいいな」の製品を生み出すことができております。

今後もご期待ください!(そんな人いるのか?)


110系マークⅡ ダックテールトランク仮組

先日できたメス型から最初の製品ができました。

仮組も問題なしです。

これより塗装業者さんに引き取りに来ていただきます。

塗装後に販売開始します!

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

HighWorksオリジナル商品をヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


110系マークⅡ用パーツ メス型完成

先日紹介した 110系マークⅡ用のダックテールトランク、ルーフスポイラーのメス型が完成しました!

トランクは3分割、ルーフスポイラーは4分割の型です。
テールカバーは1ピースの型ですのですでに完成しております。

そして初号品も無事生産完了。
下のものが製品で、その上がマスターモデルです。

トランクは大きな型になりますので移動が大変ですw
最初は中に入っているマスターモデルの重量も加算されるのでかなりの重さです。
ひとりでは動かせず 取引先にヘルプの連絡w
ふたりがかりで移動、向きを変えながらバリ取りです。
これには時間がかかりました。

そして バリ取り、洗浄完了!
これから初号品の生産準備に取り掛かります。
続報をお待ちください!

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

HighWorksオリジナル商品をヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


他社様製品メス型制作

先日できたマスターモデルからメス型制作に、と言いたいところですが
取引先のお手伝いを先に行いました。

詳しくはご紹介できないのですが、やはり自動車用エアロパーツです。

こちらの企業様とのお取引きは以前はマスターモデル開発もお手伝いをしましたが、
今回はマスターモデルはお持ち込みです。

製品形状的に4ピースの型になり、まずは序盤戦。

そして中盤戦に入るのですが、少し大きめの製品でしたので移動のためには人手が必要と判断。
ご依頼者様にお手伝いに来ていただきました。


フランジ面を磨き、入念にワックスがけを行い ゲルコート塗布~FRP積層です。

中盤戦の後半戦終了。
そして終盤戦に入ります。

終盤戦が終わればマスターモデルを脱型します。
いつもこの瞬間は緊張しますが 問題なく外せました!

そしてバリ取り完了。
無事メス型完成です!

エアロパーツは、自動車用部品≒工業品のイメージで、機械が生産していると思われることも少なくないようですが、
(もちろん異なる素材や 出荷量の多い自動車メーカーオプションなどは機械での生産です。)
HighWorksのような小規模の工場では、生産するための型も製品も手作業で制作しております。

FRP製品となると ほとんどの同業他社様も同様に手作業で行われているはずです。

とくにメス型は製品(=お金)を生み出す重要なものですので、
とても慎重かつ丁寧に取り扱う必要があります。
決してお安くできるものではありませんが、
今回もHighWorksをご用命いただきとても感謝しております。

さて やっと新製品のメス型制作に!と言いたいところですが
おかげさまでエアロ修理や加工のご依頼をいただきましたので、
まずはそちらを先に行い、それらを無事納めることができたのちメス型制作に取り掛かります。

次回作や 次々回作も構想、予定があるのですが、
如何せん一人で作業をしており すぐいっぱいいっぱいになってしまいますw

どうぞ次回の報告をお待ちください!

FBもやっています。
facebook.com/highworks0727
いいね!をいただければ嬉しいです!!

HighWorksオリジナルパーツをヤフオクに出品しております。
こちらものぞいてみてみてください。


2022年始まっていました

2022年始まってかなり経過し 1月もそろそろ終わりそうですが、
今年最初の投稿になってしまいました。

昨年最後の投稿で 新製品開発をにおわせておりましたが、
じつはまだできておりません↷

おかげさまで在庫の確保や、他社様製品生産のご相談をいただきあれやこれやとバタついております。

在庫のチェック、確保をしています。
また バッドフェイスなどの大型商品は、保管場所がないため基本的に受注生産です。

こちらはLA700系 ウェイク用のバッドフェイスです。

ロック金具の在庫が切れていましたので、いつもお世話になっている友人の工場へ注文。
生産あがりとのタイミングが合いましたが、
その日の配達はこちら方面への予定がない
とのことでしたので 受け取りに行ってきました。

これで予定通りに発送できます。

金具は当方での製作はできないため外注になります。
このような小さなものを小ロットで受けてくれる工場は意外と少なく、大変助かっています。

こちらが↓他社様製品です。


詳しくは紹介できないのですが、メス型をお持ち込みでの生産です。

しかも当方では使用したことのない素材でできた型でして….
うまくできるのか非常に不安です。

しかし誰にでも「初めて」はあります。
色々試して経験を積んでいきたいとおもっています。

そしてこちらが前回ちらりと紹介した新製品の一部です。
こちらはほぼ完成といったところなのですが、
ただいま開発用車両をお返ししておりますため
再度お預かりし確認が必要です。

他にもあるのですが、まだかなりの調整が必要です。
次回の投稿にて紹介したいとおもいます。

今回はぼんやりとした内容でしたが、
何はともあれ 2022年もよろしくお願いします。


2021年もありがとうございました

2021年も本日で終了ですね。
今年もありがとうございました。

ただいま2022年最初の製品を開発中です。
マスターモデルはまだ修正が必要な状態です。
休暇を挟みますので 開発にご協力いただいているお車はいったん返却しております。

年明けにあらためて紹介したいとおもいます。
ご期待ください!

さて 新しい製品ができあがれば、生産を終了する製品もあります。

L175系 ムーヴカスタム前期用バッドフェイスをあと数点で
生産および販売を終了とさせていただきます。

そして 20系アルファード/ヴェルファイア用のリアウィングです。
(ウィンドウ下)

こちらも現在保管中の在庫が切れ次第、生産・販売を終了とさせていただきます。

ご愛用の皆様ありがとうございます!
また ご検討中の方もお早めにお求めいただければとおもいます。

それでは 良いお年をお迎えください!